2010年11月08日

●サハリン2に対するプーチンの策略(EJ第2320号)

 2006年7月――ロシアのサンクトペテルブルグで開催され
たサミット――主要国首脳会談が終わると、プーチン大統領はサ
ハリン・エナジー社に対する攻勢を一段と強めたのです。
 一連の批判キャンぺーンの先陣を切ったのは、オレグ・ミトポ
リ天然資源監督局副局長です。ミトポリ副局長は批判キャンペー
ンの露払い役という役柄です。ロシアという国はこのように下の
クラスから徐々に格上げしていくのが常套手段なのです。
 続いてユーリ・トルトネフ天然資源相がサハリン2について、
次のように発言したのです。
―――――――――――――――――――――――――――――
 エナジー社はロシアの森林保護の規定を侵犯し、不法伐採をお
 こなっている。したがって、「サハリン2」のプロジェクトの
 続行はロシアの刑法と国益に反しており、停止されるべきであ
 る。   ――2006年11月1日/トルトネフ天然資源相
      ――木村汎著、『プーチンのエネルギー戦略』より
                         北星堂刊
―――――――――――――――――――――――――――――
 この発言に対して西側のメディアは、発言者たちは政権トップ
が指示する命令にしたがう忠実な官僚であり、そういう意味にお
いて己自身の信念に従う確信犯ではなく、単なる風見鶏に過ぎな
いとして、次のように述べています。
―――――――――――――――――――――――――――――
 クレムリンは、サハリン・エナジー社に圧力をかけて、モスク
 ワとのあいだで「己の」協定の内容を再交渉させる目的のため
 に、天然資源監督局を利用しているにすぎない。
    ――「ビジネスス・ウィーク誌」/木村汎著前掲書より
―――――――――――――――――――――――――――――
 しかし、ロシアは発言者を次々と格上げして、サハリン・エナ
ジー社を批判したのです。ユーリー・チャイカ検事総長はサハリ
ン・エナジー社は、ロシアの環境保護法を侵犯していると非難し
続いてゲルマン・グレフ経済発展相――当時、セルゲイ・ラブロ
フ外相まで批判を口にするようになったのです。
 これらの閣僚クラスの批判発言は積み上げられて「サハリン2
計画」の取り消し要求におよび、次いでそれはエナジー社の事業
免許の停止要求に発展したのです。さらにエナジー社を環境破壊
の罪で訴追し、損害賠償金を請求する動きにつながったのです。
 2006年12月8日――遂に追い詰められたサハリン・エナ
ジー社は、ガスプロムとの折衝に入ったのです。交渉はロイヤル
・ダッチ・シェルのファンデルフェールCEOとガスプロムのア
レクセイ・ミレル社長のトップ会談で行われたのです。
 会談はシェル側が譲歩に譲歩を重ねて、遂に12月19日に経
営主導権がガスプロムに事実上移されることによって決着したの
です。何しろガスプロムの条件を飲まないときは事業停止を突き
付けてくるのですから、サハリン・エナジー社の全面降伏という
ことになったのです。
 これによって、ロイヤル・ダッチ・シェル、三井物産、三菱商
事は、それぞれが保有している株の半分をガスプロムに移譲させ
られることになったのです。その結果、サハリン・エナジー社の
株の配分は次のようになります。ガスプロムは50%プラス1で
筆頭株主になったのです。
―――――――――――――――――――――――――――――
   ガスプロム ・・・・・・・・・  50.0%
   ロイヤル・ダッチ・シェル ・・  27.5%
   三井物産 ・・・・・・・・・・  12.5%
   三菱商事 ・・・・・・・・・・  10.0%
―――――――――――――――――――――――――――――
2006年12月21日――ガスプロムとサハリン・エナジー
社との調印式が行われ、シェルのファンデルフェールCEO、三
井物産の槍田松榮社長、三菱商事の小島順彦社長がモスクワ入り
したのです。
 そのときプーチン大統領は、3人の社長をわざわざクレムリン
内に招じ入れ、大歓迎したのです。同席したのは、ビクトル・フ
リスチェンコ産業エネルギー相、当時ガスプロムの会長を兼務し
ていたドミトリー・メドベーチェフ第一副首相です。そのパーテ
ィーで、プーチン大統領は挨拶として次のように述べています。
―――――――――――――――――――――――――――――
これは、ガスプロムが「サハリン2」の共同作業に参加すると
いう決定である。集団的決定である。ロシア政府はこの決定の
通告を受けた。そして、その決定にたいして、われわれは何ら
異論もない。われわれはこれを歓迎する。
       ―プーチン大統領/――木村汎著、前掲書より
―――――――――――――――――――――――――――――
 それでは、あれほど大騒ぎをした環境問題は一体どうなったの
でしょうか。
 プーチン大統領は、12月21日のクレムリンでの会合で環境
問題について次のように述べているのです。
―――――――――――――――――――――――――――――
さて環境問題にかんして、ロシアの環境当局ならびに監督官た
ちが、この問題を解決するための手続きに合意したことを私は
嬉しく思う。・・・問題は原則として解決されたとみなしうる
との報告を私は受けている。      ――プーチン大統領
                ――木村汎著、前掲書より
―――――――――――――――――――――――――――――
 ロシアではプーチン大統領の発言が最高にして最終の発言なの
です。彼がこのように述べた瞬間にロシアの環境問題は雲散霧消
してしまったことになるのです。何とも勝手な理屈というしかな
いと思います。
 ちなみに、その後のサハリン・エナジー社の環境破壊は以前よ
りもずっとひどくなったそうですが、ロシア側は一切何もいって
こないということです。    ―― [石油危機を読む/31]


≪画像および関連情報≫
 ●問われるロシアの異質性とサミットの意味
 ―――――――――――――――――――――――――――
  旧ソ連諜報機関のKGB及びその後継組織であるFSB出身
  のリトビネンコ元中佐の不審死事件が注目を集めている。ロ
  シアをめぐっては最近同様の事件が相次いで発生しており、
  10月にはジャーナリストのアンナ・ポリトコフスカヤ氏が
  暗殺されている。いずれもプーチン政権に批判的であった人
  物が殺害されたこれらの事件にプーチン政権がどこまで関与
  しているのか真相は分からないが、ロシアで発生しているこ
  うした事態をほとんど報道してこなかった我が国のマスコミ
  も遅ればせながらリトビネンコ事件については大々的に報じ
  ている。被害者がスパイであったことが関心を引いているの
  かもしれないが、この問題は決して単なる興味本位から論じ
  るべきではない。
http://www.gfj.jp/cgi/m-bbs/contribution_history.php?form%5Bno%5D=271
 ―――――――――――――――――――――――――――

主要国首脳会議/2006/サンクトペテルブルグ.jpg
主要国首脳会議/2006/サンクトペテルブルグ
posted by 管理者 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 石油危機を読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。