2009年01月22日

●フリーメーソンリーの起源はテンプル騎士団(EJ第1879号)

 ロスリン礼拝堂は、エルサレムのソロモンの神殿――イエス・
キリストの時代にヘロデ王が建てたヘロデの神殿を模倣したもの
であるとここまで述べてきています。
 しかし、それは「模倣」したものというよりも、精密に写し取
られたものだったのです。それは、添付ファイルの図を見ていた
だくと一目瞭然です。
 ロスリン礼拝堂は未完成であるとする説はありますが、未完成
に見える西側の壁はソロモンの神殿も同じであり、主要な壁、柱
は、ぴったりと重なるのです。そして、ダビデの星――ソロモン
の紋章の中心部は、中世の時代においては世界の中心とされてい
た場所であり、「契約の聖櫃」が置かれていたエルサレム神殿の
至聖所の中心に当たるのです。
 ロスリン礼拝堂付近の詳しい地図がないのではっきりとはわか
らないが、ナイト/ロマスによると、礼拝堂の東側の地形の傾斜
はエルサレム神殿のそれと酷似しているというのです。礼拝堂周
辺の地形は、東側にキドロンの谷、南にはヒノムの谷にそっくり
の地形になっているというのです。
 つまり、ウイリアム・サン・クレアは、単に礼拝堂の内部だけ
でなく、外部までエルサレム神殿を忠実に写し取っていたことに
なります。だからこそ、2代にわたる45年もの年月がかかって
しまったのです。
 ロスリン礼拝堂が完成した1490年代から、約230年後の
1717年6月24日――英国において、フリーメーソンリーの
グランド・ロッジが正式に開設されたのです。このときをもって
近代フリーメーソンリーの歴史がスタートしたとされるのです。
 ロスリン礼拝堂の建設には多くの石工が関わっています。礼拝
堂の目的、設計の基本構造、秘密文書のありかなど、さまざまな
秘密がそこにあります。
 当然そうした秘密を守らせるために、さまざまな工夫がこらさ
れたと考えられますが、それがメーソンリーのロッジで行われて
いる秘儀になっていったのではないかと考えられます。しかし、
ここまで調べ上げてきても、フリーメーソンに関してはなお多く
の謎が残るのです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 1.フリーメーソンリーの起源は、本当にテンプル騎士団と考
   えてよいのだろうか。
 2.フリーメーソンリーとは宗教なのか。とくにキリスト教と
   はどのような関係か。
 3.メーソンリーのロッジで行われている奇妙な儀礼は何を目
   的とするものなのか。
 4.メーソンリーの儀礼の中に登場するヒラム・アビフの正体
   はいったい何なのか。
 5.『ダ・ヴィンチ・コード』の中に登場するシオン修道会と
   はどう関係するのか。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 今回のテーマは今回を含めあと4回――56回で終了しますが
これらはその中で答えたいと考えています。
 なお、EJの今回のテーマ「秘密結社の謎と真相」は、ここま
で調査を重ねた結果、次のような副題を付けるのがふさわしいと
考えております。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 秘密結社の謎と真相/フリーメーソンリーの起源をめぐって
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 今回のテーマを追って調べてきた過程で、解けなかった謎が解
けたり、関連して得られた知識や情報がたくさんあります。そこ
で本テーマに引き続き、次の2つのテーマを取り上げて書いてい
きたいと考えています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 1.映画『ダ・ヴィンチ・コード』の狙いとその謎の解明
 2.モーツァルトの歌劇『魔笛』のフリーメーソン的解釈
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 1に関しては、来週からスタートし、2に関しては別のテーマ
をはさんで取り上げる予定でおります。なお、上述の第5つの謎
については、来週からはじまるテーマで解明することにします。
 さて、ここまで調べてきた限りでは、フリーメーソンリーの起
源は、やはりテンプル騎士団であると思います。テンプル騎士団
は、その「騎士団」という名称が軍隊を連想しますが、初代総長
のユーグ・ド・パヤンスをはじめとする9人の騎士団は、騎士団
というより考古学者に近いと思われます。
 そして、彼らの発見した秘密の文書にしたがって、石工団が結
成され、ロスリン礼拝堂が完成したのです。この関係が次の2つ
のフリーメーソンを生んだのです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
        1.思索的フリーメーソン
        2.実践的フリーメーソン
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 まさにユーグ・ド・パヤンスをはじめとする9人は思索的メー
ソンであり、彼らの立てた計画により本物の石工――すなわち、
実践的メーソンが集められたと考えられるのです。
 実務的メーソンの上に思索的メーソンが存在し、彼らは王族や
貴族など身分の高い人たちで占められ、上位のメーソンほど多く
の秘密を握っていたと考えられるのです。また、こうした位階制
度は、軍隊――すなわち、本当の騎士団においてもスムーズに生
かされたのです。
 問題は、ユーグ・ド・パヤンスをはじめとする9人が、ソロモ
ンの神殿において、具体的には何を発見したかです。この謎は、
ダン・ブラウンの『ダ・ヴィンチ・コード』の謎とも深い関連が
あるのです。それが極めて秘密性の高いものだったからこそ、秘
密結社フリーメーソンが誕生する重要な要因になったとも考えら
れるのです。      ・・・[秘密結社の謎を探る/53]
 

≪画像および関連情報≫
 ・テンプル騎士団の本質とは何か
  ―――――――――――――――――――――――――――
  テンプル騎士団の本質は、秘儀伝授と秘密に基づく位階制度
  のもとで運用される秘儀宗派であり、秘密の内部組織が存在
  した可能性は高い。一兵卒のテンプル騎士は、上位の騎士ほ
  ど事情に通じていなかっただけではなく、実際の信仰も異な
  っていた可能性が高い。ほとんどのテンプル騎士たちは、見
  掛けどおりのキリスト教兵士にすぎなかったが、内部集団の
  人びとはそうではなかったのである。――リン・ピクネット
  &クライブ・プリンス著/林和彦訳/『マクダラとヨハネの
    ミステリー/2つの顔を持ったイエス』より。三交社刊
  ―――――――――――――――――――――――――――

ロスリン礼拝堂とソロモン神殿との比較.jpg
ロスリン礼拝堂とソロモン神殿との比較
 


posted by 管理者 at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 秘密結社の謎を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。