2009年01月07日

●米国紙幣と13の謎(EJ第1869号)

 もう一度1ドル紙幣について考えることにします。ここまでの
知識があれば、さらにいろいろなことが発見できるはずです。ま
ず、表面から見ていきます。表面には初代米国大統領のジョージ
・ワシントンの肖像画が出ています。
 ワシントンといえば、革命軍を率いて英国軍と戦い、1783
年に英国の植民地だった米国を独立に導いた功績によって、米国
の初代大統領になった人物です。
 ところで、現在米国で発行されている紙幣は何種類あるかご存
知でしょうか。そして、その紙幣の表面に印刷されている人物の
名前が全部いえるでしょうか。
 現在発行されている紙幣(連邦準備券)は7種類であり、それ
ぞれの表面に印刷されている人物は次の通りです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 1.  1ドル紙幣 ・・・ ジョージ・ワシントン
 2.  2ドル紙幣 ・・・ トマス・ジェファーソン
 3.  5ドル紙幣 ・・・ アブラハム・リンカーン
 4. 10ドル紙幣 ・・・ アレキサンダー・ハミルトン
 5. 20ドル紙幣 ・・・ アンドリュー・ジャクソン
 6. 50ドル紙幣 ・・・ ユリシーズ・グラント
 7.100ドル紙幣 ・・・ ベンジャミン・フランクリン
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 これらの7人はいずれもフリーメーソンなのです。亡くなった
場合、フリーメーソンであったことはいってもいいことになって
いるので、間違いないと思われます。
 紙幣の中でも象徴的なのは、やはり1ドル紙幣なのです。とく
に裏面には通常ではないデザインが施されていることは既に述べ
た通りです。
 裏面には左側には、例の目の付いているピラミッド、右側には
米国の国璽として描かれた鷲がデザインされています。この鷲も
よく見ると、不思議なデザインが施されています。
 『石の扉』の著者、加治将一氏は、国の象徴ともいうべき1ド
ル紙幣にピラミッドを印刷することの異様さについて、次のよう
に述べています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 アメリカ合衆国の中枢は、東部エスタブリッシュメント、つま
 り、白人、アングロサクソン、プロテスタントという通称「W
 ASP」に代表される保守的な面々に握られていました。(中
 略)人種差別は国の差別に直結します。エジプト人などは扱い
 は黒人並みか、それ以下でした。そういう環境にあって、なぜ
 ピラミッドなどという、見下した国の象徴をぶつけたのか。
 ――加治将一著、『石の扉/フリーメーソンで読み解く歴史』
                         新潮社刊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 7種類の米国紙幣に出ている人物を見てもわかるように、米国
の建国には明らかにフリーメーソンがかかわっています。そうで
あるとしたら、1ドル紙幣にピラミッドが出てきても何も不思議
はないのです。しかも、ピラミッドは未完成であり、頂上の三角
形は浮いています。
 それにピラミッドは「生命の樹」とも深い関連があるのです。
頂上の三角形は、ケテル、コクマー、ビナーで至高世界を形成し
ている――そして「全てを見通す目」が付いています。
 ピラミッドをもっと細かく観察しましょう。ピラミッドは何段
ありますか。ルーペで見ながら数えてみると13段あるのです。
それから、紙幣裏の右に描かれている鷲をよく見てください。鷲
は左手にたくさんの矢を持ち、右手にはオリーブの枝を持ってい
ます。矢は軍事をあらわし、オリーブの枝は平和をあらわしてい
ます。その矢の数とオリーブの枝の葉の数を数えてください。い
くつあるでしょうか。
 いずれも13なのです。それだけではありません。鷲の頭上に
星がデザインされています。星はいくつありますか。驚くなかれ
やはり13個なのです。
 米国にとって「13」は不吉な数なのです。13という席のな
い飛行機は多いし、13階がないビルもあるそうです。12階の
次は14階なのです。それほど、「13」を嫌っている国が、こ
ともあろうに米国を象徴する1ドル紙幣に「13」を4つも使っ
ているのです。何か異常だと思いませんか。
 「13」にはどのようなん意味があるのでしょうか。
 米国国務省のホームページには、「13」は「13州」のこと
であるという説明があります。確かに米国が独立したときの州の
数は13州だったのです。しかし、建国の時点の州の数を紙幣に
これほどしつこく表示する必要がどこにあるのでしょうか。これ
から増えるに決まっているのです。実際に建国してから数年で、
20州になっているのです。
 まだ不可解なことがあります。鷲の上の13個の星ですが、そ
の外縁を線でなぞると、上向きと下向きの正三角形を組み合わせ
たかたちになります。これはダビデの星――イスラエルの国旗に
なるのです。ここにはっきりと、ユダヤが顔を出しています。
 それでは、この4つも出てくる「13」は表向きは「13州」
とされていますが、本当は何を意味しているのでしょうか。
 これは、スコティッシュ・ライトの13位階――「ソロモンの
ロイアルアーチ」を意味しているのです。「ロイヤルアーチ」と
は「神殿の基礎石」のことであり、国家でいえば、成文化された
基本法を意味しているのです。
 鷲が掴んでいるオリーブはフリーメーソンの象徴であり、鷲が
見ている方向には目の付いたピラミッドがある――これは、米国
民はフリーメーソンを範とすべしという意味なのです。これに対
してピラミッドの目は正面を見ている――これは、世界、宇宙に
対して目を開いているという解釈がされているのです。
 それにしても1ドル紙幣にまでソロモンの神殿が登場してくる
とは・・驚くべきことです。    
            ・・・[秘密結社の謎を探る/43]


≪画像および関連情報≫
 ・米国の7種類の紙幣について
  アメリカ合衆国ドルは、その信頼性からしばしばアメリカ合
  衆国の国外でも使われ、特に輸出入など国際的な商取引の決
  済に多く使用されている。また、アメリカ合衆国以外の国が
  自国の通貨として採用していることもある。そのため、欧州
  連合(EU)のユーロと並ぶ世界通貨といえる。現在は、合
  衆国中央銀行(連邦準備制度理事会)がアメリカ合衆国ドル
  の発行を管理している。1ドルは、100セントである。ア
  メリカ合衆国ドルの記号は、ドル記号($)である。
                    ――ウィキペディア

13と関連が深い1ドル紙幣裏面.jpg
13と関連が深い1ドル紙幣裏面


posted by 管理者 at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 秘密結社の謎を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。