2009年01月05日

●『生命の樹』とフリーメーソン(EJ第1867号)

 フリーメーソンは宗教ではありませんが、カッパーラの思想に
には深い関係があると思います。そういう観点から、その起源を
探ると、神話の世界まで遡ることになります。
 ノアの3人の息子は世界中の人間の祖といわれています。それ
を具体的に整理すると次のようになります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 1.セム → モンゴロイド/黄色人種
   ユダヤ人、アラブ人、シリア人、トルコ人、中国人、朝鮮
   人、日本人など
 2.ハム → ネグロイド/黒色人種
   エジプト人、フェニキア人、カナン人、エチオピア人、パ
   レスチナ人など
 3.ヤフェト → コーカソイド/白色人種
   アーリア人、アングロサクソン人、ギリシャ人、スラブ人
   ペルシャ人など
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 セム、ハム、ヤフェト――これら3人のノアの息子は、いずれ
も預言者であり、それぞれの人種ごとにカッパーラを展開し、3
種類のフリーメーソンができたのです。これら3種類のフリーメ
ーソンを「生命の樹」に対応させると次のようになります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
   1.セ  ムメーソン ・・・ 「生命の樹」右側
   2.ヤフェトメーソン ・・・ 「生命の樹」中央
   3.ハ  ムメーソン ・・・ 「生命の樹」左側
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 中心となったのは「生命の樹」の右側に位置するセムメーソン
です。長男ということで、父親のノアから大神権のすべてを継承
し、絶対神の祭司「メルキゼデク」になっています。したがって
セムの子孫は単なる預言者ではなく、絶対神の儀式を行う祭司を
務めたのです。そして、その末裔からはイエス・キリストが誕生
しているのです。
 ノアの箱舟が漂着したのは現在のトルコ領内のアララト山――
ここからすべての人類が広がったのですが、セム系の子孫は東に
向かったので、モンゴロイドがユーラシア大陸の東に数多く存在
するのです。中でも最大の数を誇ったのは中国人です。そのため
中国文化の中にはセムメーソンが伝えたとみられるカッパーラが
多く発見されるのです。
 メルキゼデクのセムは、後継者として自らの直系のひとりであ
るアブラハムを選んでいますが、彼はヘブライ人と呼ばれる民族
だったのです。そのため、彼らをヘブルメーソンといいます。ヘ
ブルメーソンの最大の特色は、そこから多くの預言者を輩出して
いることです。
 続いて、ヤフェトメーソンです。イエス・キリストの教えが最
もダイレクトに広がったのはヨーロッパです。使徒ペテロやパウ
ロが古代ローマ帝国に布教し、それが国教として認められたこと
はきわめて大きなことだったのです。
 古代ローマ帝国が瓦解しても、それから生まれたイタリア、ド
イツ、フランス、イギリス、オーストリア、ハンガリー、ルーマ
ニア、ユーゴスラヴィア、スペイン、ポルトガル・・など、いず
れもキリスト教を受け入れたのです。
 欧米社会の基盤はキリスト教であり、キリスト教を知らないと
欧米の文化は理解できないといわれます。ヨーロッパはキリスト
教をめぐる布教と闘争の歴史であるということができます。
 セムメーソンとヤフェトメーソンには次の違いがあります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    セム  メーソン ・・・ 精神的、宗教的
    ヤフェトメーソン ・・・ 合理的、科学的
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 したがって、現在、フリーメーソンとして知られる組織のほと
んどはヤフェトメーソンを起源にするのです。その近代フリーメ
ーソンの起源は英国であり、ここから広がったのです。
 最後は、ハムメーソンです。古代エジプト文明はハムメーソン
によって築かれたのです。しかし、ハムメーソンにはカッパーラ
の奥義は伝えられていないのです。
 しかし、古代エジプトは、13〜17王朝については、異民族
支配の王朝だったのです。紀元前17世紀頃、メソポタミア地方
の覇権を握っていたヒクソス人がエジプトを占領し、ヒクソス人
が自らファラオになって君臨したのです。
 ちょうどそのヒクソス人の侵入と前後して、エジプトにヤコブ
の息子のヨセフがやってくるのです。預言者であるヨセフはその
秀でた能力によって宰相にまで昇り詰めるのです。これによって
多くのイスラエル人がエジプトにやってきます。彼らの多くはヘ
ブルメーソンだったのです。
 ところが、紀元前16世紀になってエジプト人の勢力が強くな
り、覇権を奪い返したのです。彼らは異民族のヒクソス人を追い
出し、イスラエル人を奴隷にしたのです。
 エジプトは多神教だったのですが、多くのイスラエル人がこれ
を拒んだことが、第18期王朝のファラオ、イクナートンの宗教
改革につながるのです。イクナートンは、多神教を否定し、唯一
神教を打ち立てたのです。
 紀元前13世紀に、古代エジプトに住んでいたイスラエル人に
ひとりの預言者が誕生します。モーセです。当時のファラオはラ
ムセス2世――もっとも強力な専制君主です。彼は、イスラエル
人が救世主の出現を信じているのを聞いて、奴隷の新生児を軍隊
に殺させるような残虐なことをしたのです。
 しかし、モーセは奇跡的に難を逃れ、数奇の運命をたどって、
自分の出自を知らないままエジプトの宰相の地位に就きます。し
かし、後に自分がイスラエル人であることを知り、同胞とともに
立ち上がり、同胞とともにエジプトを脱出するのです。世にい
う「出エジプト」です。 ・・・[秘密結社の謎を解く/41]


≪画像および関連情報≫
 ・「出エジプト」について
  ―――――――――――――――――――――――――――
  キリスト教はイエスキリスト、イスラム教はモハメット、仏
  教はお釈迦様が言わずと知れた各宗教の創始者である。それ
  ではユダヤ教の創始者は誰であるのか。ユダヤ教は徹底的な
  偶像拒否、唯一神信仰の宗教である。それゆえに神自身が創
  始者としていると言える。キリスト教はイエスキリストを神
  としているので、その意味ではキリスト教も神自身を創始者
  としているとも言える。
   http://www.ijournal.org/IsraelTimes/history/moses.htm
  ―――――――――――――――――――――――――――

天地を創造する絶対神ヤハウェ.jpg


posted by 管理者 at 03:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 秘密結社の謎を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。