2008年12月17日

●ダ・ヴィンチが鏡文字を書いた理由(EJ第1857号)

 「ダ・ヴィンチ・コード」の大ヒットによって、当然のことで
すが、小説や映画の筋とは離れても、レオナルド・ダ・ヴィンチ
という人物自身が注目されています。ダン・ブラウンがこの芸術
家を小説の題材に選んだ狙いは見事に当たったといえます。
 レオナルド・ダ・ヴィンチという人は、おそらくアルベルト・
アインシュタインと並ぶ稀に見る大天才といえます。画家、彫刻
家、建築家、エンジニア、発明家など――幅広い専門分野を完璧
にマスターしてしまっているからです。しかし、そのいずれの分
野においても、物事の原理を探求するために、「自然の摂理」を
探求することに執念を燃やした人物なのです。
 EJの今回のテーマは秘密結社――とくにフリーメーソンの起
源を明らかにすることを目的として書き進めています。幸いなこ
とに、ダン・ブラウンの小説の大ヒットのおかげで、秘密結社に
関しても世間の耳目が集まっており、秘密結社に関する本も多数
出版されているので、よいタイミングであるといえます。
 そして話は「生命の樹」まできています。しかし、この「生命
の樹」――なかなか難解なのです。この謎を解くために、レオナ
ルド・ダ・ヴィンチのやったことを知る必要があるのです。
 歴史研究家のマーティン・ランの著書――「ダ・ヴィンチ・コ
ード」の謎解き本の1つに、レオナルド・ダ・ヴィンチについて
次の記述があります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  1490年から1495年の間、彼は絵画と建築にまつわる
 論文や、力学と人体の構造についての本を執筆している。さら
 に、数々の科学的領域にわたる研究を続けた。文章とスケッチ
 ですべてを詳細に記録しており、その多くは今も残っている。
  レオナルドは左利きだったため、反転筆記はさほど困難では
 なかった。ただし第三者が読むのは容易ではないうえ、スペル
 ミスや略語によって、より難解なものになっている。しかも彼
 のメモは、理論的な順序で記されているとは限らなかった。彼
 は鏡文字を全域で用いたり、他者との通信からは通常の筆記に
 も慣れていた事実がうかがえる。
   ――マーティン・ラン著/秋宗れい訳、『ダ・ヴィンチ・
           コード デコーデット』より。集英社刊
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ここで不可解なことがひとつあります。それは、レオナルドが
「鏡文字」を使っていた事実です。鏡文字とは、鏡に映してはじ
めて読める文字、つまり、右から左に逆さに書かれた文字や上下
が反転になった文字のことです。
 なぜ、レオナルドは鏡文字を使ったのでしょうか。これについ
ては、次の4つの仮説があるのです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
        1.生来左利きであったため
        2.学界への意趣返しのため
        3.暗号化し秘密文書にする
        4.早期出版の版下づくり説
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 レオナルドの研究家によると、彼は両手を使って文字を左右か
ら非常に早いスピードで書いていたそうです。したがって、鏡文
字を書くのは難しくなかったといえます。
 また、レオナルドは学者ではなかったため、当時の学界ではレ
オナルドの説は疎んじられたといいます。その意趣返しに普通で
は読めない鏡文字を使って、論文の内容を暗号化したという説も
あります。さらに、全く逆に論文や構想をすぐに出版できるよう
版下づくり――版下は反転して作る――を作者自らがやったのだ
という説もあるのです。
 しかし、これらの説とはぜんぜん異なる説があります。それは
カッパーラの思想と関係があるという説です。どうしてかという
と、カッパーラはその前に立つと誰もが自分を偽ることはできな
いという意味から、「鏡」にたとえられることがあるのです。
 ダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」には、レオナルド
の作品「ウィトルウィウス的人体図」が出てきます。円と四角に
描かれた裸の男性は、デザインの斬新さとあいまって、見るもの
に強烈なインパクトを与えるものとなっています。
 「生命の樹」も人間のかたちで表わしたものを「アダム・カド
モン」――人形(ひとかた)というのです。なぜ、「アダム」な
のかというと、アダムが神の似姿として創造されたからです。し
たがって、「原初の人」という意味で「アダム・カドモン」とい
うのです。
 確かに各セフィロトが、人体の頭部、手足、胴体などの部分に
対応しており、人のかたちとしてとらえることができます。そし
て、これは「ウィトルウィウス的人体図」ととても共通点が出て
くるのです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
     1.どちらも五角形として表現できる
     2.どちらも左右対称の図であること
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 五角形の頂点を結んだときにできる星型を「五芒星」といいま
すが、これは人体を意味するのです。そして左右対称――しかも
「ウィトルウィウス的人体図」では人間の美的概念でもっとも美
しいとされる黄金比率(1.618)が下敷きになっています。
 カッパーラは鏡なのです。それを蔑む者は期せずして己をも蔑
むことになるのです。生命の樹も同様であり、それを鏡に映して
みる必要があります。鏡像反転させてはじめて、本当の生命の樹
があらわれるというのです。
 レオナルドの代表作「モナ・リザ」は、それを鏡像反転させて
彼自身の自画像の上に重ねてみると、ぴったりと一致するです。
これはとても偶然とは思えない一致といえます。秘密結社「シオ
ン修道会」の総長をしていたともいわれるレオナルド・ダ・ビン
チ、カッパーラとの関連はあって当然です。
            ・・・[秘密結社の謎を解く/31]


≪画像および関連情報≫
 ・「アダム・カドモン」とは何か
  ―――――――――――――――――――――――――――
  ヘブライ語で「最初の人間」の意味。最初の人間の原形であ
  り、宇宙秩序の構造を繁栄していて、原罪が犯され、地上の
  「アダム」がエデンから追放された後も、悪の汚染を免れて
  いたという。この思想は『光輝の書』(13世紀)において洗
  練され、セフィロトの教義と関係があるとされる。
      http://cthulhu.hp.infoseek.co.jp/rakuen.a.html
  ―――――――――――――――――――――――――――

アダム・カドモン.jpg



posted by 管理者 at 02:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 秘密結社の謎を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Media Point Crossとしての神人
Excerpt: 思うに、すべての人間の原型がこれではないだろうか。想起するのは、ダ・ヴィンチのウィトルウィウス的人体図であり、ケルト十字である。あるいは、ユダヤ神秘学カバラの原人アダム・カドモンである。 ..
Weblog: Japonesian Trans-Apocalypse:Trans-Modern New Platonic Trans-Creation
Tracked: 2009-02-12 02:20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。