2008年11月25日

●ソロモンの神殿とは何か(EJ第1841号)

 フリーメーソンリーはいつ誕生したのでしょうか。
 公式には、1717年6月ということになっています。ロンド
ンにあった4つのロッジが合同して「グランドロッジ」を作って
以来、「フリーメーソンリー」と呼ばれるようになったというの
です。したがって、発祥の地は英国であるという説です。
 何がベースになったのでしょうか。
 一般的には、中世の石工ギルドから発展したものである――と
いう説が有力なのですが、英国に中世の石工ギルドが存在したと
いう記録は一切ないのです。しかし、ヨーロッパ各国には中世の
ギルドは多く存在しているのです。ところが、ヨーロッパでは石
工ギルドは存在していたものの、フリーメーソンリーがあったと
いう痕跡はないのです。
 考えてみると、当時石工たちは教会や地主に雇われていた身分
です。そういう石工たちがフリーメーソンのような組織を作れる
能力もそれを許す環境もなかったはずです。
 中世の石工のほとんどは教育らしい教育も受けておらず、文字
の読み書きですら、できなかったというのです。そのような石工
たちが、現在のフリーメーソンの行っているような複雑な儀式を
作り出すなどは到底できなかったと考えられるのです。
 伝えられていることによると、フリーメーソンリーには多くの
王侯や貴族が加入しているのです。そういう事実と石工による職
能的組合の間には大きな隔たりがあります。このように考えても
フリーメーソンが中世の石工ギルドの発展形であるという説は根
拠が薄いと考えるべきでしょう。
 もうひとつ、フリーメーソンは、ソロモン王の神殿と結びつけ
て語られることが多いのです。ところで、ソロモン王の神殿とは
何でしょうか。
 エルサレムにあるといわれる「ソロモン王の神殿」には次の3
つがあるのです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
   1.紀元前570年にソロモン王自身が建てたもの
   2.紀元前6世紀前半にゼルバベル王が建てたもの
   3.イエス・キリストの時代ヘロデ王が立てたもの
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ソロモン王などというと、神話の世界であり、果たしてソロモ
ンが実在したのかどうかも明確ではありませんが、ソロモン王は
多くの神殿を建てたといわれているのです。
 ソロモンは旧約聖書の「列王記」に登場する古代イスラエルの
第3代の王で、父はダビデ王です。ソロモン王は「賢者」といわ
れていますが、「賢者」の名称はソロモン王より何千年も前から
宗教的な建物の建造者に与えられる尊称だったのです。
 ここで、ソロモンの神殿がどういう建物であったかについて述
べておきたいと思います。常識的に考えると、ソロモンの神殿と
はユダヤ人が彼らの神を拝む場所である−−このように考えてし
まいますが、違うのです。
 それは基本的に人間が訪れる場所ではなく、神――古代ユダヤ
民族が唯一神「ヤハウェ」の恒久の住い――というよりはっきり
いうと、神を閉じ込めておく場所なのです。したがって、その大
きさは村の教会堂ぐらいのものと考えるべきです。
 しかし、当時のユダヤ人の建築技術は非常に低く、単純な壁以
上のものは作れなかったのです。そこで、ソロモンは親交のある
ツロの王ヒラムに助力を求めたのです。
 ヒラムの支配下にあったティルスやシドン(古代フェニキアの
海港都市)の人々は当時最高の建築技術と卓越した彫刻・装飾技
術を持っていることで知られており、小アジアにおいては建築の
仕事を独占していたのです。ツロの王ヒラムは、ソロモン王の要
請に快く応じ、ティルスから3306人もの労働者を送り、神殿
建設に不可欠な材木と石を遣わしてくれたのです。
 このとき神殿建設の中心的役割を果たしたのが、「ヒラム・ア
ビフ」なる人物なのです。ややこしい話なのですが、このヒラム
はヒラム王とは別人なのです。このヒラム・アビブなる人物――
後で詳しく述べることになるので、覚えておいていただきたいと
思います。
 ソロモンの神殿については現在まったく残っていないのです。
ソロモンの神殿についての記述をご紹介しましょう。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  その石造りの神殿の内側には、ティルスから持ってきたヒマ
 ラヤ杉が張られていた。壁の厚みは9キュービット――約4.
 1メートルで、これがヒマラヤ杉と樅の屋根を支えていた。壁
 と床、そして天井は純金張り、智天使――ケルビムと花の彫刻
 が施されていた。(中略)
  その中心には、シッテム(アカシア材)で作られた約1.2メ
 ートル、幅と高さが各約60センチの長方形の箱が置かれてい
 た。これが「契約の聖櫃」と呼ばれるもので、その中に3つの
 ものが収められていた――十戒を記した2枚の石板、および神
 ヤハウェ自身である。
     ――クリストファー・ナイト/ロバート・ロマス著/
     松田和也訳、『封印のイエス/「ヒラムの鍵」が解く
                  キリストのミステリー』
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 このソロモンの神殿は、「ダヴィンチ・コード」とも関係のあ
るテンプル騎士団――日本では聖堂騎士団という――と深い関係
があるのです。なぜなら、テンプル騎士団の「テンプル」とは、
ソロモンの神殿のことを指しているからです。
 このソロモンの神殿の建設者であるソロモン、ヒラム王そして
ヒラム・アビフ――この3人とフリーメーソンリーは深く結びつ
いているのです。
 テンプル騎士団とは何か――複雑で扱いにくいテーマですが、
明日からテンプル騎士団の歴史について探っていきたいと考えて
います。        ・・・[秘密結社の謎を探る/15]


≪画像および関連情報≫
 ・ソロモンの神殿
  歴史的にはソロモン王が紀元前10世紀に建設した神殿(第
  一神殿)と、バビロンの捕囚からの解放後、紀元前515年
  にゼルバベル王の指揮でほぼ同じ場所に再建された神殿(第
  二神殿)、さらに紀元前20年、ヘロデ王によって完全改築
  に近い形で大拡張された神殿(ヘロデ神殿)がある。この神
  殿はユダヤにおいてユダヤ人が立てこもったため、紀元70
  年のローマ帝国軍による攻撃によって破壊され、現在「嘆き
  の壁」と呼ばれる部分のみが遺構として残る。

ソロモンの神殿.jpg


posted by 管理者 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秘密結社の謎を探る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。